キャンプやレジャー、ドライブなど様々!

タイヤのサイズを上げて偏平率を下げることをインチアップと言います。このメリットは走行性能が安定し、特に高速での安定感が増します。タイヤの偏平率が低くなるとタイヤのよれが少なくなるので、その分しっかりと路面を捉える感じになり、特にカーブではしっかりと踏ん張る感じが増します。
しかし、本来のタイヤサイズではないため、車によってはデメリットが出てくる場合もあります。まず乗り心地は悪くなってしまうことが多いものです。タイヤが固くなったような感じになるので、その路面の振動をより強く感じてしまうのです。さらに、ホイルが大きくなった分、ホイルの重量も重くなるため燃費は多少悪くなります。特に低排気量の車では出足が遅くなったように感じる場合があります。そして、タイヤも当然高額になるので、負担も大きくなります。
高速走行や長距離走行を多く行う人は高速走行性が安定し、ハンドリングもスムーズになるので効果はあると言えますが、街乗り中心の人にはあまり効果が無いでしょう。低速で街中を走る場合は乗り心地が最優先ですし、一般のタイヤでも十分に必要な走行性能は維持できるはずですので、どんな車でも効果があるというわけではありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。